家原 知子教授

専門領域 小児腫瘍学
学会認定医
  • 日本小児科学会専門医・指導医
  • 日本がん治療認定医
  • 日本小児血液・がん指導医
  • 日本小児血液・がん専門医・指導医
  • 日本がん検診診断学会認定医
  • インフェクションコントロールドクター(ICD)認定医

経歴

  • 平成2年3月

    京都府立医科大学卒業

  • 平成2年5月

    京都府立医科大学研修医

  • 平成3年4月

    社会保険神戸中央病院小児科

  • 平成6年4月

    京都府立医科大学小児科

  • 平成8年4月

    京都府立医科大学小児科 助手

  • 平成9年4月

    京都武田病院小児科

  • 平成11年4月

    京都第二赤十字病院小児科

  • 平成11年10月

    京都府立医科大学小児科助手

  • 平成17年4月

    京都府立医科大学学内講師

  • 平成20年7月

    京都府立医科大学講師

  • 平成24年6月

    京都府立医科大学附属病院感染対策部副部長(兼務)

  • 平成25年4月

    京都府立医科大学 准教授

  • 令和3年9月

    京都府立医科大学 教授 現在に至る

学会役員歴

  • 日本小児科学会 代議員
  • 日本小児血液がん学会 理事
  • 日本がん治療学会ガイドライン作成委員
  • 日本がん検診診断学会 評議員
  • 日本マススクリーニング学会 評議員
  • 日本がん生殖医療学会 幹事
  • 日本小児保健協会 代議員
  • JCCG(日本小児がん研究グループ)神経芽腫委員会委員、神経芽腫委員会中間リスク主任研究者、肝芽腫委員会委員
  • International Neuroblastoma Risk Group (INRG) member
  • International Journal of Clinical Oncology Associate Editor

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本感染症学会
  • 日本癌学会
  • 日本癌治療学会
  • 日本がん検診・診断学会
  • 日本小児血液がん学会
  • 日本血液学会
  • 日本小児保健学会
  • 日本マス・スクリーニング学会
  • 日本造血細胞移植学会
  • 日本環境感染学会
  • 日本がん・生殖医療学会
  • 国際小児腫瘍学会(SIOP: International Society of Paediatric Oncology)など

学術活動・社会貢献

  • 日本小児血液・がん学会ガイドライン委員
  • 京都市結核・感染症発生動向調査委員会感染症部会委員
  • 日本がん治療認定機構教育委員会委員
  • 厚生労働省がん登録部会委員
  • 京都府生命(いのち)のがん教育推進プロジェクトチーム医員
  • 京都府周産期医療協議会座長

研究内容

  1. 神経芽腫の細胞遺伝学的解析

  2. 神経芽腫標準的治療法の確立

  3. マス・スクリーニング発見神経芽腫の臨床研究

代表的論文

  1. Iehara T, Manabe A, Hosoi H. Statement on the prevention and treatment of COVID-19 in patients with pediatric cancer in Japan. Pediatr Blood Cancer. 2020 Jun 22:e28440. doi: 10.1002/pbc.28440. Epub ahead of print. PMID: 32568457;PMCID: PMC7361239.

  2. Iehara T, Yoneda A, Kikuta A, Muraji T, Tokiwa K, Takahashi H, Teramukai S, Takimoto T, Yagyu S, Hosoi H, Tajiri T; Japan Children’s Cancer Group Neuroblastoma Committee. A phase II JN-I-10 efficacy study of IDRF-based surgical decisions and stepwise treatment intensification for patients with intermediate-risk neuroblastoma: a study protocol. BMC Pediatr. 2020 May 12;20(1):212. doi: 10.1186/s12887-020-02061-5.

  3. Iehara T, Hamazaki M, Tajiri T, Kawano Y, Kaneko M, Ikeda H, Hosoi H, Sugimoto T, Sawada T; Japanese Infantile Neuroblastoma Cooperative Study Group. Successful treatment of infants with localized neuroblastoma based on their MYCN status. Int J Clin Oncol 18(3): 389-395, 2013.

  4. Cohn SL, Pearson AD, London WB, Monclair T, Ambros PF, Brodeur GM, Faldum A, Hero B, Iehara T, Machin D, Mosseri V, Simon T, Garaventa A, Castel V, Matthay KK INRG Task Force. The International Neuroblastoma Risk Group (INRG) classification system: an INRG Task Force report. J Clin Oncol 10; 27(2):289-297, 2009.

  5. Hiyama E, Iehara T, Sugimoto T, Fukuzawa M, Hayashi Y, Sasaki F, Sugiyama M, Kondo S, Yoneda A, Yamaoka H, Tajiri T, Akazawa K, Ohtaki M. Effectiveness of screening for neuroblastoma at 6 months of age: a retrospective population-based cohort study. Lancet. Apr 5;371(9619): 1173-1180,2008.

  6. Iehara T, Hosoi H, Akazawa K, Matsumoto Y, Yamamoto K, Suita S, Tajiri T, Kusafuka T, Hiyama E, Kaneko M, Sasaki F, Sugimoto T, Sawada T. MYCN gene amplification is a powerful prognostic factor even in infantile neuroblastoma detected by mass screening. Br J Cancer. 94(10): 1510-1515,2006.