吉田 秀樹助教

専門領域 小児腫瘍学・血液学
学会認定医
  • 日本小児科学会専門医・指導医
  • 日本血液学会専門医
  • がん治療認定医

経歴

  • 平成16年3月

    京都府立医科大学医学部医学科 卒業

  • 平成16年4月

    京都第二赤十字病院 研修医

  • 平成17年4月

    京都府立医科大学付属病院 研修医

  • 平成18年4月

    松下記念病院 専攻医

  • 平成20年4月

    京都府立医科大学大学院 医学研究科博士課程 入学

  • 平成24年3月

    京都府立医科大学大学院 医学研究科博士課程 卒業

  • 平成24年4月

    京都府立北部医療センター小児科 副医長

  • 平成28年4月

    ミネソタ大学外科トランスレーショナル部門 留学 (ポスドク)

  • 平成31年4月

    京都府立医科大学 がんプロフェッショナル養成センター 特任助教

  • 令和2年4月

    京都府立医科大学小児科助教

受賞歴

  • 平成26年

    第24回京都府立医科大学学友会青蓮賞 受賞

学会役員歴

  • 小児白血病研究会(JACLS) AML委員

所属学会

  • 日本小児科学会
  • 日本血液学会
  • 日本癌学会
  • 日本遺伝子細胞治療学会
  • 日本小児血液がん学会
  • 日本造血・免疫細胞療法学会
  • 日本緩和医療学会
  • 日本輸血・細胞治療学会
  • 日本癌治療学会
  • ASH(American Society of Hematology: 米国血液学会)
  • SIOP(International Society of Pediatric Oncology: 国際小児がん学会)
  • ASGCT(American Society of gene & cell therapy: 米国遺伝子細胞治療学会)

研究内容

  1. 小児がんに対する新規腫瘍溶解性アデノウイルスの開発

  2. 遺伝子改変アデノウイルスとCAR-T細胞の併用療法の開発

代表的論文

  1. Yoshida H, Sato-Dahlman M, Hajeri P, Jacobsen K, Koodie L, Yanagiba C, Shanley R, Yamamoto M. Mutant myogenin promoter-controlled oncolytic adenovirus selectively kills PAX3-FOXO1-positive rhabdomyosarcoma cells. Transl Oncol. 14: 100997, 2021.

  2. Yoshida H, Koodie L, Jacobsen K, Hanzawa K, Miyamoto Y, Yamamoto M. B4GALNT1 induces angiogenesis, anchorage independence growth and motility, and promotes tumorigenesis in melanoma by induction of ganglioside GM2/GD2. Sci Rep 10: 1199, 2020

  3. Yoshida H, Imamura T, Saito AM, Takahashi Y, Suenobu S, Hasegawa D, Deguchi T, Hashii Y, Kawasaki H, Endo M, Hori H, Suzuki N, Kosaka Y, Kato K, Yumura-Yagi K, Hara J, Oda M, Sato A, Horibe K; Japan Association of Childhood Leukemia Study (JACLS). Protracted Administration of L-Asparaginase in Maintenance Phase Is the Risk Factor for Hyperglycemia in Older Patients with Pediatric Acute Lymphoblastic Leukemia. PLoS One 10: e0136428, 2015

  4. Yoshida H, Miyachi M, Ouchi K, Kuwahara Y, Tsuchiya K, Iehara T, Konishi E, Yanagisawa A, Hosoi H. Identification of COL3A1 and RAB2A as Novel Translocation Partner Genes of PLAG1 in Lipoblastoma. Genes, Chromosome and cancer 53: 606-611, 2014

  5. Yoshida H, Miyachi M, Sakamoto K, Ouchi K, Yagyu S, Kikuchi K, Kuwahara Y, Tsuchiya K, Imamura T, Iehara T, Kakazu N, Hojo H, Hosoi H. PAX3-NCOA2 fusion gene has a dual role in promoting the proliferation and inhibiting the myogenic differentiation of rhabdomyosarcoma cells. Oncogene 33: 5601-8, 2014

  6. Yoshida H, Imamura T, Sakamoto K, Asai D, Nakatani T, Morimoto A, Hosoi H. Dyskeratosis Congenita Complicated by Hepatic Fibrosis Accompanied with Hepatic Vein Thrombosis. J Pediatr Hematol Oncol 36: 308-11, 2014

  7. Yoshida H, Imamura T, Fujiki A, Hirashima Y, Miyachi M, Inukai T, Hosoi H. Post-transcriptional modulation of C/EBPα prompts monocytic differentiation and apoptosis in acute myelomonocytic leukaemia cells. Leukemia Res 36: 735-41, 2012

  8. Yoshida H, Ishida H, Yoshihara T, Oyamada T, Kuwana M, Imamura T, Morimoto A. Complications of Evans' syndrome in an infant with hereditary spherocytosis: a case report. J Hematol Oncol 2: 40, 2009.